メディカルアロマとは

アロマテラピーとは

大きく分けて2種類あります。
一つは

香りと癒しをメインとしたアロマテラピーで、こちらは《イギリス式》といいます。


一方、

精油の成分を重視していて、薬の様に身体に働きかける使い方をするのが《フランス式》いわゆるメディカルアロマテラピーといいます。

大きく分けるとこの2種類になります。

こちらのブログでは後者のメディカルアロマテラピーとしての使い方をお伝えしています。

そのフランス式アロマテラピーでも、国内にはたくさんのアロマテラピーの協会があり
私はその中の日本メディカルアロマテラピー協会(JMAA)で勉強して活動しています。

日本メディカルアロマテラピー協会について

国内で唯一【治療】を目的としたアロマテラピーで治療家の方は治療として、一般の方は家庭での健康管理法として使う事ができ、人だけでなくペットにも使う事の出来る内容です。

人のメディカルアロマテラピーは、協会設立から2019年で29年が過ぎ、会員数は 15,000人を超え臨床数は世界一 と言われています。
治療家としての国家資格を取得出来る専門学校に テキストが使われたりしています。
(協会の資格としては民間資格となります。)

現在、海外からはその臨床数の多さから 【日本式】と言われていて
台湾支部、韓国支部,タイ支部もできました。

ペットの方では

日本メディカルアロマテラピー動物臨床獣医部 (JMAACV) として
12年が経過、400名ほどの獣医師さんが登録され
現在は犬・猫の他、鳥・ウサギ・フェレット・カメやエキゾチック系など
様々な動物に使えるように研究されているので海外からのオファーもあり、中国(上海・香港・広州など)ペット博や専門学校にも招致されています。

日本メディカルアロマテラピー協会は
ネットワークビジネスのメディカルアロマとは無関係です。
特定非営利活動法人であり、資格ビジネスの営利団体・法人ではなく
年会費・更新等、年間にかかる費用は一切ありません。

主な使い方

メディカルアロマはお薬の代用品としての使い方ができると同時にお薬を減らした生活ができるようになります。
ペットをはじめ、赤ちゃんからお年寄りまで普段の健康管理として役立てることもできますし、ちょっと風邪気味かな?というような時にお使いいただけます。

スキンケアとしても高級な化粧品に負けない内容成分のものが作れますので、20代から60代、70代の方と幅広い年代でご愛用頂けるものが自分で作れるようになります。

お薬に頼らない生活を目指される方にお伝えしたいアロマテラピーです。

興味があればお気軽にお問合せくださいね!

講座のお申込みやお問合せは便利なLINE公式アカウントをご利用くださいね♪

友だち追加

下記からのお問い合わせも可能です。
https://resast.jp/inquiry/47536

スポンサーリンク
FOLLOW
旅するメディカルアロ魔女 Pono*ALOHA