2022年1月14日 水星逆行

占星術

最近はかなりメジャーになってきた水星逆行ですね!
この水星逆行は今回2022年1月14日から始まるのですが、どんなことが起きるのか、どうしたらいいのかを出来るだけわかりやすく解説してみたいと思います。

水星逆行とは

水星について

太陽系惑星では地球の内側にあり、太陽のすぐ隣ですね!

水星が象徴すること

  • 知性
  • 言語能力
  • 移動(近場・交通機関・流通など)
  • 判断力
  • 情報
  • コミュニケーション能力 など

逆行とはなに?

太陽系の惑星には太陽の周りを回る公転周期というものがありますね。
水星は太陽の周りを約88日かけて一周します。

地球の場合は約365日ですね!

水星は太陽に最も近い惑星なので地球の内側で太陽の周りを回っています。
それが、軌道の関係で地球から見て逆の方向に動いているように見える期間があります。

この現象のことを水星逆行といいます。

水星以外でも、月以外は逆行する期間がありますがそれぞれ逆行期間は異なります。

2022年の水星逆行期間

水星は公転周期が約88日なので、1年の間で3~4回約2週間程度は逆行する期間があります。

それが2022年の間

1回目 1月14日~2月4日

2回目 5月10日~6月3日

3回目 9月10日~10月2日

4回目 12月29日~2023年1月18日

4回目は年末から始まるので、2022年はほぼ3回は逆行するということになりますね。

水星逆行の期間に何が起きるのか

この逆行期間というのは、逆行している天体が司ることが、物事がスムーズにいかなくなることが多いです。

水星が象徴しているのは
知性、言語能力、移動(近場・交通機関・流通など)、判断力、情報、コミュニケーション能力 などでしたよね!

これらのことが上手くいかなくなるということになります。

一般的によく言われるのが

  • 交通機関の遅延や乱れ
  • システム障害
  • サーバーダウン
  • 連絡ミスやメールの送受信で宛先を間違える
  • パソコンやスマホなど電子機器トラブル

悪いことばかりではないですよ

  • 懐かしい人との再会
  • 復縁

こういうこともあります。

要するに、見直し・調整する期間ということです。

2022年1月14日からの水星逆行について

2022年の1回目は1月14日20:42頃~2月4日13:12頃まで逆行します。

時間はホロスコープ上で出す時に使うのですが、だいたい逆行が始まる2~3日前から影響が出始めます。

逆行が始まると度数の後ろに「r」という文字が入ります。

英語でretrograde motionというので、その頭文字ですね!

逆行エリア

水星が逆行を開始した時のホロスコープです。

水星は今年に入ってすぐ、2日に水瓶座入りしました。

1月14日20:42頃の水星☿の位置は水瓶座10度付近にあります。
ここからどんどん後退していき、1月29日11:57頃には山羊座の領域へ戻っていき2月4日13:12頃、山羊座25度辺りで逆行を終了します。

水瓶座→山羊座

水瓶座について

  • 仲間(友人知人、コミュニティ内)
  • グループ
  • インターネット
  • 暗号資産
  • 未来志向
  • 宇宙
  • 革命的
  • 独創的 など

水瓶座はこういった事を象徴しますので、1月29日に水星が山羊座に入るまではこういった事柄で見直しや調整などが必要になるでしょう。

山羊座について

  • 自己管理
  • 責任感
  • 正義感
  • 制限
  • 誠実
  • 現実的 など

1月29日からは、この山羊座が象徴している事柄を【見直し・調整期間】として考えてみてくださいね!

前半はSNSや対人関係辺りで、後半は自分の内面という感じでしょうか。

ぜひ、この期間を慎重に大事にお過ごしくださいませ~!

まとめ

  • 水星逆行は年に3~4回ある
  • 逆行期間は見直し・調整期間
  • 水瓶座→山羊座へ水星は移動する
  • 交通機関の乱れやシステム障害が起きやすい。
  • 再会や復縁もあるかも!

講座の案内やイベント出店時のお知らせを受け取りたい方は
便利なLINE公式アカウントでお友達になってくださいね♪

月に2~3回ほど不定期配信しています。

友だち追加

 

 

 

お問い合わせ