アロマカード「ラベンダー(ストエカス)」から精油を知る

2020.07.21ラベンダーストエカス 精油の使い方
アロマカード ラベンダー

セイクリッドアロマカードの一枚を紹介しています。

ラベンダーですが、以前にも紹介していますので今回は別のラベンダーでラベンダーストエカスです。

ラベンダー(ストエカス)

No.9 Lavender

【BE YOURSELF】自分に戻る

ラベンダー(ストエカス)について

学名 Lavandula stoechas

抽出方法 水蒸気蒸留法

抽出部位 花穂

産地 フランス

主な成分
ケトン類 フェンコン、カンファー
モノテルペン炭化水素類 カンフェン、αーピネン

メディカルアロマとしての使い方

ラベンダーストエカスは一般的に人気のあるラベンダー(アングスティフォリア)と違いリラックス効果はありません。

前回のラベンダー(アングスティフォリア)についてはこちらからご覧ください。

このラベンダーストエカスはケトン類が多く含まれているので、原液塗布はできません。

このケトン類というのは皮膚刺激があり、肌が強いと言われる方でも炎症を起こしてしまいます。

ただ、注意して使えば脂肪溶解作用という素晴らしい成分があるので、女性にはうれしいダイエットに使用することができます。

ダイエットジェル
こういう風に希釈して使います。

アロマ業界でダイエットと言えば、グレープフルーツがよく取り上げられますが
グレープフルーツにはダイエットに使える成分はありません。

グレープフルーツにもケトン類は含まれていますが、その量はごくわずかです。
たしか1%ほど。肌刺激もほとんどないぐらいです。

さらに言うと、作用的には薬理効果は全くないと言ってもいいほどです。

残念ですね(;´・ω・)

ラベンダーストエカスの香りとしては、カンファーという成分が含まれていることから、タンスの樟脳の香りに似ています。

おばあちゃんちのタンスの虫よけの香りね♪

苦手な方もいるけど、落ち着くっていう人もいますが(;^ω^)
なので、一般的に言われるラベンダーとは違うんですよ。

成分のカンファーについてはローズマリーカンファーで少し書いているので、よかったら参考にしてみてくださいね!

ラベンダーについてはオンライン無料レッスンでもお話しています。

【オンライン限定】メディカルアロマ無料講座|【岡山/倉敷】Pono*ALOHAの商品
1回40~60分程度で受講できるオンライン講座が全て無料で受講できます。 メディカルアロマのアイテムづくりはありません。 必要な方は作る機会を設けますので岡山県近郊の方でお願いします。 テキ...

ちょっと聞いてみたい事や
お知らせを受け取りたい方は
便利なLINE公式アカウントからどうぞ♪

友だち追加

 

 

お問合せは下記URLからも可能です。
https://jmaa-cloud.com/shop/ponoaloha/inquiry