アロマカード「ネロリ」という精油

2020.07.14ネロリ 精油の使い方

セイクリッドアロマカードの一枚を紹介しています。

ネロリ

No.29 neroli

【BALANCING】バランス

ネロリについて

学名 Citrus aurantium(F1)

抽出方法 水蒸気蒸留法

抽出部位 花(オレンジビター)

産地 チュニジア、モロッコ、イタリア

主な成分
モノテルペンアルコール類 リナロール、ネロール
モノテルペン炭化水素類 リモネン、βーピネン、transーβーオシメン
エステル類 酢酸リナリル

メディカルアロマとしての使い方

このネロリはローズの次に高価な精油なのでメディカルアロマでは使う用途がない精油です。

成分的に見ても、ラベンダーアングスティフォリアと同じ成分(リナロールと酢酸リナリル)が入っていてラベンダーの方がバランスよく多く入っているのでそちらを使います。

あと、ネロールという成分がローズと同じように入っていますが、こちらも別の精油の方を使います。

珍しいタイプ?

精油は基本的に一つの植物から1種類の精油が採れるのですが、ネロリが抽出される植物からは3種類抽出されます。

ネロリはオレンジビターの花から採れる精油です。

オレンジビターの果皮から採れるのはオレンジビターの精油

オレンジビターの葉から採れる精油はプチグレン

それぞれ香りも違えば成分も違うし、作用も違います。

プチグレンはとっても青臭い香りがするのですが、思春期ニキビに使えるジェルに入れたり、ペットの鎮静ジェル(リラックスジェル)に入れたりします。

こういった変わり種の精油もあるので、アロマって面白いですよね♪

講座のお申込みやお問合せは便利なLINE公式アカウントをご利用くださいね♪

友だち追加

下記からのお問い合わせも可能です。
https://resast.jp/inquiry/47536