アロマはウイルスに有効なのか?

アロマはウイルスに有効なのか? メディカルアロマ
アロマはウイルスに有効なのか?

新型コロナウイルス。ますます深刻化してきていますね。
私の住んでいる地域もマスクは1人1箱しか買えなくなっています。
ここではアロマのウイルスに対して書いてみます。

アロマはウイルスには効きません!

本当です。
以前も少しこの件に関してはご紹介はさせていただいていたのですが…
読んでいない方はこちらをどうぞ。↓

風邪の事だけではなく免疫力についても書いています。

抗菌作用はあっても抗ウイルス作用はない。

ウイルス

よく、アロマについてはメディアでも取り上げられていたりしますね!
ネットニュースでも冬になるとインフルエンザ予防などに使えるとか書いてあったりします。

そういうの、鵜呑みにしない方がいい情報もたくさんあります。
メディカルアロマの勉強をした私だからこそお伝えできる内容です。

そして
アロマテラピーの勉強は、その協会や
独学ならば参考にしている本を書いた方の勉強した協会などで考え方が違います。

ここでは、私なりの解釈なのでご了承ください。

アロマテラピーで使う精油はたくさんあり
世の中に出回っている99%は農薬が入っている精油です。
詳しくはこちら↓をご覧ください。

香りを嗅ぐ程度なら一般的に売られている精油で問題はないので心配しなくて大丈夫ですよ!

ちょっと話が外れていますが

アロマテラピーで使う精油、いわゆるエッセンシャルオイルですが
実は抗菌力はあっても抗ウイルス作用というのは
インフルエンザなどのウイルスには効かないのです。
全く効果ないという訳ではないでしょうが、
私の知っている限りでは「ウイルスには効かない。」ということです。

ウイルスについての詳しい話は分かりやすく書いてあるnoteを見付けたので
よかったら読んでみてください。
面倒な方は記事の一番下のまとめにすごく解りやすく書いてあります。

赤ちゃんレベルの「ウイルスの話」その1~ウイルスって何だろうhttps://note.com/minesot/n/ncf840f0e3bd9

読んでいただいたらわかると思いますが、そもそもウイルスと菌は別の生き物です。

フェノール係数

ウイルスにはアロマは効かないと何となく分かっていただけたと思いますが
では、予防としての抗菌力はというとアロマで示される値があります。

それがフェノール係数というもの。

フェノール係数とは
石炭酸係数を1とした時に何倍強いか?というものです。
解りやすく言うと

フェノールという消毒薬(石炭酸)を1とした時に何倍強いか。です。

では、そのフェノール係数で精油の抗菌力の強さを解説していきますね。

フェノール係数「20」これが一番強い値です。
成分 フェノール類チモール・フェノール類カルバクロール
含まれる精油【オレガノ】

フェノール係数「17」
成分 フェノール類オイゲノール
含まれる精油 【クローブ】

フェノール係数「15」
成分 芳香族アルデヒド類桂皮アルデヒド
含まれる精油 【シナモンカッシア】

フェノール係数「12」
成分 モノテルペンアルコール類ゲラニオール
含まれる精油 【パルマローザ】
このパルマローザが病院で使われている消毒薬と同じレベルの抗菌力があります。

一般的に抗菌力があると言われている
有名な精油のティーツリー、ユーカリ、ペパーミントなどは
フェノール係数2~3ほどでしかありません。
なので、抗菌力はほとんどないといえます。

ビックリですよね!

抗菌力が高いとから言って、知識がないまま肌につけたり飲んだりするのは危険です!
絶対にしないでください。

ウイルスに対抗するにはどうしたらいい?

米国国立衛生研究所の研究者の方が書かれているブログ
https://www.minesot.com/2020/01/2019-ncov.html?spref=tw&m=1

感染対策の方法に関する不正確な情報も出回っています。  
● 空間除菌グッズやアロマオイルがきく     
→ 効きません   
(大手企業の売り出しているクレ●リンなどが売り切れているそうですが効果の実証なしです)  
● 紅茶や緑茶を飲む/紅茶・緑茶うがいが効く     
→ 証拠は一切ありません  
● ある漢方薬がウイルスに効く     
→ そういう実証データはありません  
● 血液クレンジングが効く    
→ 効きません  
● 空気清浄機で完全に防げる    
→ 防げません  
● 体温をあげれば「免疫力」があがり防げる    
→ 「免疫力」も意味不明ですが、      
そういう単純なことはありません。

ぱそろじすと・あっと・ざ・らぼ https://www.minesot.com/?m=1

こちらにも書かれていますが、アロマは効かないんですよね。
そして、免疫力を上げるも微妙みたい。
でも、免疫力を上げないよりは免疫力は高い方が他の病気にもなりにくくなるので上げていた方がいいですよ!

ウイルスを体内に入れないためにはにはどうする?

通常のインフルエンザも同じですが
ウイルスを体内に入れないということ以外に新型コロナウイルスに対しては対策がないということです。

新型なのでワクチンもまだない。

自分で防御するしかないのです。
感染しないためには
まずマスクをつける。
人の多い所になるべくいかない。
手洗いをする。

手洗いは、水で洗うだけでも大丈夫だそうですが
石鹸を使うとなおよくて、アルコール消毒もするとよいみたいですね!

ただ、
精油とエタノール(アルコール)は一緒に使わない方がいいです。
ここでは詳しくは割愛しますが
抗菌力など成分が変化してしまい、単なるいい香りにしかなりません。

飛沫感染を防ぐには

咳エチケット
咳エチケットについての厚生労働省の啓発ポスター

厚生労働省でも啓蒙していますが

咳やくしゃみをするときは 口・鼻を覆う
・マスクを付ける
・袖で覆う
・ティッシュやハンカチで覆う

これを心掛けてください。

あと、肌の保湿も心掛けておくといいように思います。
この新型コロナウイルス対策でという訳ではなく、インフルエンザや風邪の予防になります。

ちょっとした豆知識

過去のコロナウイルスについて少し探ってみましょう。

SARS(サーズ)重症性急性呼吸器症候群

2002年中国広東省から広まったコロナウイルスで
急に症状が出る新型肺炎。
感染すると高熱、せき、呼吸困難などの症状が出て、亡くなる方もいた。
原因はハクビシンやタヌキなどの動物。

MARS(マーズ)中東呼吸器症候群

2012年サウジアラビアなど中東で発症したコロナウイルス
熱や、せき、息切れ、下痢などの症状で、重症化すると重い肺炎で死亡。
原因はヒトコブラクダ

どちらにしても、咳による飛沫感染が拡散された原因

潜伏期間は2~14日の場合が多いので
今回の新型も14日間はかかっている可能性のある方は隔離されます。(検査など任意みたいですが)

中国からの旅行者が多い昨今
感染症に対しての危機感や対応が違うので
自分自身で身を守るしかないようですね。

過度に心配せず、手洗い・マスクは必須で過ごすしかなさそうです。

まとめ

アロマではウイルス対策はできない。(ウイルスには効かない)
咳をする時は口と鼻を覆う。

予防するには
・マスクを付ける
・手洗いをする
・アルコール消毒をするとなおよい。

できれば保湿もしっかりしてね!
というのが、私個人としての見解です。


ご覧いただきありがとうございます。

講座のお申込みやお問合せは便利なLINE公式アカウントをご利用くださいね♪

友だち追加

下記からのお問い合わせも可能です。
https://resast.jp/inquiry/47536

コメント