アロマカード「カモミール・ローマン」の代用に「カモマイル・ジャーマン」という精油

2020.07.01カモミール・ローマン 精油の使い方

セイクリッドアロマカードにある精油をご紹介しています。

今回は同じカモミールでもメディカルアロマで使う精油の方も紹介します。

2020.07.01 カモミール・ローマン

No.2 roman chamomile

【RELAXATION,DAY DREAMING】
夢想的リラックス

カモミール・ローマンについて

学名 Chamaemelum nobile

抽出方法 水蒸気蒸留法

抽出部位 花

産地 フランス

主な成分 
エステル類 アンゼリカ酸イソブチル、アンゼリカ酸イソアミル、アンゼリカ酸メチルアリル
ケトン類 ピノカルボン

アロマでは主にマモミールは2種類あり、メディカルアロマではこちらの精油は使いません。

なので、もう一つのカモミール(カモマイル)をご紹介しますね!

カモマイル・ジャーマン

学名 Matricaria recutita

抽出方法 水蒸気蒸留法

抽出部位 花

産地 エジプト、スロベニア

主な成分 
酸化物類 ビサボロールオキサイトA、 B、ビサボレンオキサイト
エステル類 酢酸ゲラニル、酢酸ベンジル、安息香酸ベンジル
セスキテルペン炭化水素類 カマズレン

メディカルアロマではこちらの精油を使います。

メディカルアロマ「カモマイルジャーマン」の使い方

アロマカードにある、カモミール・ローマンは成分を見ると
エステル類のアンゼリカ酸~という成分が3種類あります。

それらは、とても弱い鎮静作用で若干あるかないか程度。

さらに、ケトン類が5%ほど入っているので肌刺激になり、敏感肌の方などにはあまりおすすめできません。

一方、カモマイルジャーマンの方は

肌刺激になるケトン類は1~2%ほどしか入っていなく
セスキテルペン炭化水素類カマズレンが

・抗アレルギー作用
・抗ヒスタミン作用
・抗炎症作用

これらの成分により、アレルギーに対しての根本治療として使うことができる精油となります。

以前ご紹介した体質改善ジェルというものが作れるんですよ!

下記のブログをご参考に↓

こういった青い精油です。

こんな感じのジェルが作れます。

体質改善ジェル

即効性はありませんが、半年くらい時間をかけて使うといいです。

ただ、アトピー性皮膚炎の方は何人か合わない人もいるようです。
どの精油もですが精油をそのまま使用するのは危険ですので、必ずご相談くださいね!

ちょっと聞いてみたい事や
お知らせを受け取りたい方は
便利なLINE公式アカウントからどうぞ♪

友だち追加

 

 

お問合せは下記URLからも可能です。
https://jmaa-cloud.com/shop/ponoaloha/inquiry