夏の臭い対策に使えるメディカルマロマで作るデオドラントウォーター

2020.07.08デオドラントウォーター メディカルアロマ

こんにちは!
「Pono*ALOHA」Mizuyoです。

岡山県倉敷市を中心に、人とペットの健康管理をお手伝いとして、メディカルアロマと手作りせっけんの教室を開催しています。
その他、自分自身を生きていくツールとしてホロスコープ鑑定をしたり、新月や満月の星読みメルマガも配信しています。

どうぞよろしくお願いします。

"メディカルアロマって何?”って方は、まずはこちらをご覧ください。

デオドラントウォーター

デオドラントウォーターが作りたいとご要望をいただきましたので
メディカルアロマで作れるデオドラントウォーターをご紹介してみようと思います!

一年前にも紹介しています。

新しい基材ができた!

メディカルアロマで作れるデオドラントウォーターは
昨年新しい基材ができたので2種類作ることができるようになりました(^^)/

従来のものは水道水を使って作るものだったので
使用期限1か月と短かったのですが
新しいタイプのものは
ミラクルウォーターを使って作るので
使用期限6ヶ月と格段に長くなったんです!

ミラクルウォーターについてはこちら↓の記事をご覧ください。

ただ、ミラクルウォーターのデメリットを一つだけ言うとしたら

材料費が高い!

この一言に尽きます(;^ω^)

従来の作り方は焼きミョウバンを使う

では、従来の方法でご紹介していきますね(^^)/

今日はミョウバン水を仕込みました!

これはまだ焼きミョウバンと水道水を入れた状態。

分かりにくいですが、まだ白濁しています。

一晩置くと透明になってきます。

上記でも紹介している記事「大人女子の臭い対策」でも作り方をご紹介していますが
また書いておきますね!

焼きミョウバンを使ったミョウバン水の作り方

材料はこれ!と、あと水道水。

焼きミョウバンはスーパーやドラッグストアで買えます。

私はスーパーで100円前後で買いました。
ドラッグストアでも安価で買えます。

スーパーではお漬物を作る材料が置いてあるコーナーに置いてあります。

今回は500mlのペットボトルに300mlで作りました。

紹介しているなすびの絵が描いてある焼きミョウバンは
10gの小分けにされているので便利ですよ!

一晩放置したミョウバンが溶け込んでミョウバン水ができます。
完全に溶けていればそのままで問題ないですが、結晶化したものが下の方に残ることが多いです。

透明に結晶化されていたら、その部分置いておいて上澄みの液体だけを別の容器に入れます。

ミョウバン水原液
こんな感じになるよ!(昨年の画像)

それがミョウバン水原液です。

原液では濃すぎるので、10倍くらいに薄めて使います。

初めにも書いていますが、
こちらは水道水を使って作るものなので
使用期限が1か月
作ったデオドラントウォーターは冷蔵庫に保存してください。

ミョウバン水原液は3か月程度は大丈夫と思いますが
どちらも水道水を使って作るもののため
腐敗臭がするようでしたら処分してくださいね!

ミラクルウォーターで作るデオドラントウォーター

ミラクルウォーターとミラクルゲル
左側のミラクルウォーターを使います。

こちらの基材は「ウイルスに最も使える?」という記事でもご紹介しています。

このミラクルシリーズは乳化剤がなくても精油が混ざるという素晴らしい基材!
精油をたくさん入れると混ざらないことがあります。

基材そのものが高価なので材料費がかなり上がりますが(;^ω^)

その分、素晴らしいものなんですよ!

菌やウイルスに対してフランスのパリでは最優秀賞を受賞
日本でもその有効性が認められたそうです。

まだ正式には発表になっていませんが
日本の某政府機関においては認めらたそうです。

このミラクルウォーターで作ったものは
使用期限6ヶ月
常温保存で大丈夫

ミョウバン水で作ったものより長持ちします。

精油はあっても無くても大丈夫!

メディカルアロマを教えているので、精油の紹介はしますが
精油を入れる場合は必ず乳化剤を入れて使います。

私はハイブリッドオイルという、特殊な種類のひまわり油を使っています。
水にも油にも混ざるという乳化剤です。

一般には売られていないのが残念。

ミョウバン水を使ったもので
アロマの知識も乳化剤もない場合は
精油を入れなくても臭い対策には十分使えますので安心してくださいね(^_-)-☆

使っている精油はこちら!

精油はプラナロムのものです。

右から
・パルマローザ
・ラベンダーアングスティフォリア
・ペパーミント

この3種類を入れています。

パルマローザは抗菌力が高い精油です。

ラベンダーアングスティフォリアは肌にやさしい精油
使える方が多いのが魅力ですね!
パルマローザの刺激を和らげてくれます。

ペパーミントは夏の暑い時期のスッキリ感ピッタリ♪
入れることにより男性も使いやすくなります。

どちらもワークショップでお作りいただけます!

何度も言いますが、精油を入れる際は乳化が必ず必要です。

こちらのサイトでよく紹介している
バスオイルという乳化剤はお風呂や空間に対する乳化剤で
肌には乳化作用がきつすぎて合いません。

メディカルアロマのKENSOが作った精油をお好みで入れるバスオイル(乳化剤)
ヒマワリ種子油※1、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセル※1、テトラオレイン酸ソルベス-30※2、オリーブ種子油※1、ミリスチン酸オクチルドデシル※1、エタノール※3、ホホバ種子油※1、コメヌカ油※1 ※1エモリエント剤、※2乳化剤、※3乳化補助剤 内容量200ml

を付けてくださいね!

よかったら参考にしてみてください。

メディカルマロマに興味を持ちましたか?
抗菌力についてなど無料で講座が受けられます。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

Pono*ALOHAの各種SNSなどのリンクはこちらからご覧くださいませ。

講座や鑑定などに関するお問合せはこちらからお願い致します。

毎月のスケジュールはこちらからご確認いただけます。

その他に、もしよろしければ岡山県内で開催している講座やイベント出店時のお知らせをご案内させてください。
便利なLINE公式アカウントでお友達になっていただけると嬉しいです♪

月に2~3回ほど不定期配信しています。

友だち追加

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました