【お知らせ】

2020年12月15日をもって玉島教室での講座開催は終了とさせていただきました。
以降はオンラインまたは出張レッスンとして講座を開催させていただきます。
受講希望の方は第3希望の日程までLINE公式アカウントもしくは
下記にてお問合せくださいませ。

お問合せ

ローズマリーベルべノン

精油の使い方
ローズマリー

セイクリッドアロマカードの中からの精油を紹介しています。

今回はローズマリーですが、以前にもお伝えしているようにローズマリーには種類があるので、その中からローズマリーベルべノンを紹介します。

以前の種類はこちらから!

ローズマリー(ベルべノン)

No.1 rosemary

【NURSING】看護

ローズマリーベルべノンとは

学名 Rosmarinus officinalis verbenone

抽出方法 水蒸気蒸留法

抽出部位 花付き枝葉の先端

産地 フランス

主な成分 モノテルペン炭化水素類αーピネン、カンフェン
     ケトン類ベルべノン、カンファー
     エステル類酢酸ボルニル
     酸化物類1.8シネオール
     モノテルペンアルコール類ボルネオール

メディカルアロマとしての使い方

左からローズマリーベルべノン、ローズマリーシネオール、ローズマリーカンファー

冒頭にも書いたように、ローズマリーには種類があります。

メディカルアロマとしては写真のような3種類が主になるのですが、実際によく使うのは以前紹介しているローズマリーカンファーとローズマリーシネオールの2種類です。

今回のローズマリーベルべノンはスペシャリストの勉強の際に少しだけ学びます。

成分不明としてホルモン様作用がありますが、ホルモン様作用としては他の精油の方が優秀なのであまり使うことがありません。

ケトン類が15~35%ほど含まれる場合があるので、肌刺激になり、肌の弱い方は注意が必要です。