感染症から家族を守ろう!

メディカルアロマ

新型コロナウイルスの話題で持ちきりですね!
マスクや消毒液がなかなか買えなくなってしまって困っていませんか?

うその情報からトイレットペーパーやティッシュペーパー
更には紙おむつまで店頭から消える騒ぎとなっています。
いつになったら収まるのか
不安になっている方も少なくありません。

今は令和です。

昭和のオイルショックとは違いますよ!
もっと冷静な判断を心掛けましょう!

必要な知識は裏切らない

マスクもあるといいけど、ウイルスのことをきちんと知っておけば必要以上に怖がらずにすみます。
手洗い・マスク以外のメディカルマロマで出来る対策をぜひ役立ててください。

先日書いた記事も参考にしてみてくださいね!

メディカルアロマを使う方法としていくつかあります。

抗菌スプレーを有効活用する。

手指消毒や身の回り品を抗菌力のある精油を使い、スプレーを作ることができます。
抗菌力については、先ほどご紹介した記事をご覧いただくとして
種類としては5種類ほどあります。

抗菌スプレー
これは、通常のちょっとした消毒用として使えます。
でもウイルスにはおすすめしませんし日持ちがしないのが残念ですが。。。

抗菌ゲルスプレー
ゲル(ゼリー状)タイプですが、スプレー容器から噴霧できます。
エタノール70% 程度の濃度
ちょっとした手指消毒やドアノブなどに使えます。

抗菌ゲル
こちらは②のスプレーではないもの。

抗菌ゲルスプレー

抗菌ミラクルスプレー
ちょっと名前が怪しい感じですが(;^ω^)
上記のゲルスプレーよりは液体なので、マスク外側などの繊維 、スマホや眼鏡の消毒に使えます。
ゲルスプレーと同じくエタノール70%濃度があります。

②と④は日常的に気になる時にこまめに使えます。
消毒用エタノールなどが買えない場合に使うことができます。

エタノールは使っていないのでアルコールではなくアルコール消毒ができない方にはオススメです。

一般的に言われているティーツリーは抗菌力はあまりありません。
使用の際には注意してくださいね!
上記のスプレーたちは抗菌力が病院で使われる消毒薬レベル(フェノール係数12)であるパルマローザという精油を使用して作ります。
詳しくは参考記事にも書いてます(^^)/

免疫促進ジェルを使う

規則正しい生活をすることで免疫力も上がりますが、それでもまだ何かしたいという場合は免疫促進ジェルというものがあります。

免疫促進ジェル
これは、普段の風邪をひきそうなときに使うものですが、健康な方であれば特に必要はありません。
免疫グロブリンであるIgAとIgMを上げる働きのある精油
・ティーツリー
・ニアウリCT1
・ラヴィンツァラ
を使います。

スペシャル免疫促進ジェル
こちらの方は①のタイプにさらに効果が高い免疫促進作用のある精油
・タイムツヤノール
がプラスされます。

スプレーも免疫促進ジェルも
厚生労働省指定機関で成分を検査されていて農薬など入っていない精油で作ります。

風邪に役立つメディカルアロマ

不安をそのままにしない

今回の新型コロナウイルスは、予防も治療法もない。
ということにメディアで知った知識しか情報がなく不安になってしまっている方が多数です。

インフルエンザですら新型はあります。
その時は既存のワクチンも効きませんし、薬が合わない場合があります。

そういう事、忘れてませんか?

予防対策をするだけでも感染は防げます。
免疫力アップすることを心掛けましょう!

不安は解消できる!

滅多に風邪やインフルエンザにかからない私がメディカルアロマでの対策&秘訣を最新情報を交えお伝えしています。

少しの知識で防げる!

メディカルアロマを使わなくても、一般的に言われている
手洗い・マスク・うがい
これをするだけでも予防として感染を防ぐことができます。

さらに規則正しい生活、現代人に出来ていない人が多いですよね!
私も人のことは言えませんが(;^ω^)

あと、日本で昔からある発酵食品は優秀です。
お味噌汁を飲む、納豆、ぬか漬けを食べる。
これだけでも免疫力アップにつながります。
腸内環境を整えることは本当に大事ですよ!

それと、抗菌・除菌のし過ぎはあまりよくなくて、アレルギーに注意してくださいね!
手の乾燥でアレルギーを発症したり、逆にウイルスが付着しやすくなります。
仕事的に消毒が必須の方は、なるべくハンドクリームなどで保湿をするように心がけてください。

早く収束することを祈りつつ、健康管理を心掛けましょう!

講座の案内やイベント出店時のお知らせを受け取りたい方は
便利なLINE公式アカウントでお友達になってくださいね♪

月に2~3回ほど不定期配信しています。

友だち追加

 

 

 

お問い合わせ